京都観光で利用する宿泊施設の特徴と混みあう時期について

京都は名所や景勝地など観光スポットが豊富で、1日ですべてを見て回るのは不可能だといっても良いでしょう。
そこで京都をじっくりと観光するのなら宿泊施設を利用することになるのですが、混みあう時期や施設の選び方を知っておくと便利です。

京都の宿泊施設にはどんなものがあるの?

観光地の多い京都だけあって様々な宿泊施設が混在しています。
観光をメインとしてアクティブに動きたいのであれば、立地を重視したエコノミーなホテルを選ぶと良いでしょうし、反対にゆっくりと京都の伝統と文化に触れたいのなら風情ある旅館がお勧めです。
家族で京都観光を行うのなら駅の近くにある大型ホテルが良いでしょう。
最近では民家に宿泊する方法もありますが、京都には宿泊施設が豊富ですので、わざわざ不便な思いをすることはありません。
ただし、高名なホテルや旅館については1年を通して混雑が予想されますので、旅行の日程が決まったら直ぐにでも予約を入れるのが無難です。

京都の宿泊施設が混みあう時期はいつなの?

原則として京都は1年を通して非常に観光客が多い土地なので、混みあうことがない時期の方が少ないと言えます。
ただし、春や秋は年間でもさらに混雑が予想される季節なので注意してください。
春は桜の名所を中心として、秋には紅葉の名所が混雑するでしょう。
また、近年になって増えている外国人観光客についてですが、アジア系の場合は年末年始などに訪れる人が多いです。
ここで1つ気をつけておきたいのが、中国や台湾では旧暦の正月である2月が休みになる点でしょう。
1月ではなく2月がアジア系観光客が増えますので、混雑すると予想されます。