京都観光をたっぷり楽しむならどれくらい宿泊日数が欲しい?

京都観光をたっぷりと楽しみたいけれど、どのくらいの宿泊日数になるのか読めないという人も多いでしょう。
当然の話ですが宿泊施設の予約を取るには、宿泊日数の指定が必要ですので、事前にどの程度かかるのか知っておくのは悪い選択ではありません。
そこで京都をたっぷり観光するなら宿泊日数がどのくらいかかるのか調べてみました。

京都観光の宿泊日数を決める前にテーマを決めよう

京都と一口にいっても様々な観光スポットがあります。
世界遺産となっているような寺社仏閣を初めとして、伝統的な文化や歴史に触れる史跡、京野菜を使った京料理などなど確実に1日では見ることができません。
そこで考え方としては、テーマを絞っていくと良いでしょう。
例えばですが今回は世界遺産の寺社仏閣のみ、今回は京都のグルメを食べ歩くなどのようにテーマを決めておくと宿泊日数もはじき出しやすくなります。
大抵は3日程度もあれば、基本的な観光地を見ることができるはずです。

宿泊日数は少なくてもいいの?

場合によっては京都観光でも一泊しかできないケースもあるでしょう。
その場合はたっぷり観光ができないのかと言うと、そうではありません。
京都そのものはそこまで大きな街でもないので、ポイントポイントを絞っていけば1日でも多くの観光地を回ることができます。
有名な観光スポットである清水寺からスタートしても近くには八坂神社や祇園などがありますし、三年坂やねねの道なども楽しめるのです。
このように観光地がほど近くにあるのも京都の魅力だと言えるでしょう。
ですので1泊でもプラン次第ではたっぷりと観光できます。