京都観光で桜を楽しめる最適な時期と花見の名所をご紹介

京都には花見の名所とされる場所がいくつかあります。
京都観光で桜を楽しみたいのなら知っておきたいポイントがありますので、お花見に最適な時期とともに紹介していきましょう。

クラシカルな観光列車に乗りながら花見を楽しもう

京都の観光名所の1つでも嵐山、その嵐山にあるJR嵯峨野駅のすぐ近くにあるのが、嵯峨野トロッコ列車です。
すでに廃線となった路線なのですが、あまりにも素晴らしい景観が楽しめるとのことで観光用にトロッコ列車を運行しています。
線路の両側に植えられた桜の中を走っていく時には、桜のトンネルの中をくぐっているような気分にしてくれます。
最適な時期として3月の下旬から4月の上旬になるのですが、夏は葉桜、秋には紅葉と四季折々の景観を楽しめるのが特徴です。
また、桜の時期には菜の花が咲くことも多く、桜の薄紅と菜の花の艶やかな黄色のコントラストは一見の価値があるでしょう。

個人所有の庭園には400本もの桜がある?

京都市の帰宅は大北山にあるのが原谷苑という個人所有の庭園です。
およそ4000坪の敷地の中に20種類400本以上の桜が植えられています。
3月の下旬から桜が咲き始めるのですが、4月の上旬はソメイヨシノや紅しだれ桜などが開花していき、メインとなる八重紅枝垂桜、黄桜などは下旬まで楽しめるでしょう。
ピークになると空が覆われるほど桜の花が咲き乱れ、さながらお伽話のような世界に浸れます。
入場料がかかってしまうのですが、桜の見頃によって変動するシステムですので事前に調べておくと良いかもしれません。
ちなみ紅葉の時期は無料で入ることができます。